レーザー脱毛してみない?

夏が近づくと気になってくるのがむだ毛です。肌の露出が増える夏はむだ毛の処理が冬に比べ念入りとなり、自己処理時間も長くなるのではないでしょうか。 むだ毛があると人目が気になる・毛穴のぽつぽつが気になる・肌の露出に自信が持てない・むだ毛が剃りきれずすぐにチクチクしてしまうなど悩みはつきものです。 しかしそんな悩みを解決してくれるのがレーザー脱毛です。レーザー脱毛はむだ毛の根元から細胞を崩壊し、細胞を崩壊することでむだ毛が数週間で抜け落ちてきます。むだ毛を剃るとチクチクするのですが、レーザーをあてることでむだ毛が抜け落ち根元からきれいに抜けおちます。そのため剃ったときに気になる黒ずみや毛穴の色が気にならず、毛穴が目立たないツルツルとした肌に仕上げることができるのです。 脱毛を繰り返すことによりむだ毛は細くなり、生えてきてもむだ毛がまったくわからない状態にまでなってゆきます。むだ毛の悩みも解消されることから、肌の露出が気にならなくなり自信を持つことができるのです。そして自己処理がなくなることで負担が減り楽になるというところも利点となっています。 夏がくる前に今から脱毛をすることで自信のもてるきれいなお肌を手にいれることができます。気になる方はツルツルお肌になれる脱毛を実感してみてはいかがでしょうか。

痛くないから続けられる!

レーザー脱毛は医療脱毛になるため、痛みは少なからず感じてしまうことがあります。 レーザーをあてる力が強いということと、毛を再生させる「幹細胞」を破壊して脱毛効果を得るため、この幹細胞を破壊させるときにレーザが当たるとチクチクと痛みを感じてしまいます。 しかし、痛みの程度はゴムを弾かれたくらいの痛さと言われており、軽くパチンパチンと弾かれることが繰り返されているような感覚です。 痛みが心配な場合にはテスト照射をしてもらうことができたり、どうしても我慢ができない場合には表面麻酔を使用して施術を行うことができます。 表面麻酔を塗布することで皮膚が短時間麻酔されていることになるため、レーザーを当てても痛みを感じずに施術を受けることが可能となります。 最初はむだ毛の太さが太い・濃いということから痛みを感じやすいのですが、繰り返し施術を行うことで痛みは軽減してゆきます。また部位によっても痛みの感じ方が変わってきます。 最近では最新の医療機材により、ゴムを弾かれる痛みもない、温かいマッサージをしている程度の感覚で施術を受けられる施設もあるため、痛みに敏感な方は施設でどのような機材を使用しているかを確認してから受けることも可能です。痛みが伴った場合にはレーザーの強さを変えてもらう・表面麻酔をするなどして痛みをなくすといったことで脱毛を楽しく続けることができるのです。

FRIENDSITE

よくヒアルロン酸という言葉を耳にします。肌の成分、目の保護、軟骨成分など多くの体の機能を担っています。